糸巻文庫

古代人の声をカタチにして、あなたに届けます

マハトマへの道①動き出す車輪

新型コロナウイルスによって世界のフレームが揺らぎ始める寸前のタイミングで、

私は仕事をひそかに退いていました。

 

子どもたち2人とひたすら家で過ごした春。

観測史上、最も長く多く雨の降った梅雨。

7月の太陽が顔を出しても、ずっと身体は眠ったまま。

意識の上ではめまぐるしく毎日何かが飛び交っているのだけど、身体がまったくついていかない状態でした。

 

f:id:beizan:20200811125636j:image

巷では、8月8日=ライオンズゲートという、星の配列によるエネルギー増大のお祭りについて盛り上がっていたのですが、

 

…たぶん私、当日も静か〜に過ごしてスルーしちゃうんだろうな。

 

って思っていました。それはそれでOK、と。

焦ることなかれ、自分よ。。

 

f:id:beizan:20200811130029j:image

 

ところが、7月の15日

家の外でネコがおしゃべりしている気配で目覚めた朝。

突如 車輪が動き始めました。

 

その頃ちょうど、コロナ第2波が関西地方にも押し寄せはじめていたため、

私は夏休みにどうしても行きたかった大阪行きをあきらめかけていました。

 

大阪で会いたかった、yairoのゆねかさんあてに

すでに手土産まで買っていたので(笑)

このタイミングで一度お送りさせてもらうことにしました。

 

f:id:beizan:20200811130811j:image

コチラはお土産のおまけ

封筒を手製しました

 


f:id:beizan:20200811130817j:image

貝でロックするシステム(笑)

 

 


f:id:beizan:20200811130807j:image

中身は秘密の、愛のカード

(公開してしもてる)

 

調子に乗って、おまけその2も添付。

 

f:id:beizan:20200811131528j:image

【紅花】は ゆねかさんへ。


f:id:beizan:20200811131533j:image

【蓮の花】は まさえさんへ。

 

まさえさん…というのは、ゆねかさんのご友人で

彼女の blogをかなり長い間

というか、 blogを開設されたその日から(笑)

ずっといち読者として楽しませていただいてた女性です。

 

偶然にも、4日8日のゆみかさんによるメディテーション会で、zoomを通してご一緒しており

その可愛らしいお姿にキュンとなり、リアルさを感じながら、ますます blog越しに応援していたのです。

 

f:id:beizan:20200811132148j:image

「応援」と「力を貸してほしい」、

まさえさんに対して、2つの思いがいつも存在していました。

 

まさえさんはお寺のご出身で、今年に入り得度の決心をされて現在資格に向けて学ばれています。

 

仏教に関する私のプロジェクトと何かのご縁があるような気がしてならず、

 

先方にとってはまったくの不審者にもかかわらず(笑)ゆねかさんに切り絵を託してしまったのでした。

 

7月18日、発送。

 

毎日、家事も放棄してだる〜んと過ごしている糸巻、

ゆねかさんあての贈り物をカタチ作るだけで

フルスロットルのエネルギー放出です(笑)

 

yairoさんのジュエリーの包みはいつも本当に梱包材から何からすべて素敵で、お花がそっと散らしてあったりするんです^^

 

糸巻、そこまで梱包に手をかけることができず

以前に器を購入したお店の、箱と新聞の詰め物をセットしたまま保管してあったものを、そっくりそのまま再利用させてもらうことにしました。

 

f:id:beizan:20200811133135j:image

 

ぎゃー、マハトマの話にまだ全然たどり着いてない‼︎

 

②に移動します!