糸巻文庫

古代人の声をカタチにして、あなたに届けます

2020大暑•立秋

今日は立秋ですね。

りっしゅう…初めて秋の気立つが故なればなり。(暦便覧より)

 

20年、30年前くらいまでは、お盆頃にはずいぶんと朝晩涼しくなっていたような記憶があります。

近年は10月に入る頃まで半袖を着ていたり(これは四国地方だからかな)

二十四節気とのずれ感が大きくなっていってるのかもしれません。

 

f:id:beizan:20200807124936j:image

【ひまわりと麦わら帽子】

 


f:id:beizan:20200807172157j:image

【金魚】

飼いたいなぁ…

 

 

f:id:beizan:20200807172315j:image

【ウナギ】

食べたいなぁ…

 

 

f:id:beizan:20200807125132j:image
f:id:beizan:20200807125126j:image

↑花の名前が思い出せません( ;  ; )

芙蓉だった、かな?

低木グループに入ると思うのだけど、

美しい樹形に巨大化していました。

 

つぼみはピンク、咲いたら白、おしゃれな仕組みになってるんやなぁ。

 

 


f:id:beizan:20200807125121j:image

庭はセミ王国となっています。

毎朝の大合唱、まだまだ続きそう。

 

 

 

7月22日 大暑の切り紙

やっと今週時間がとれて、立秋の2枚とともに作成しました。

 

 

f:id:beizan:20200807172415j:image

【カモメ】

海に行きたい‼︎

 

 

f:id:beizan:20200807172605j:image

【ほおづき】

ほおづき笛を作った子どもの頃が懐かしい

外側の袋を割いて、オレンジ色の丸い実を大切に大切に、皮を破かないようにしながら何時間もモミモミ…

ぶよぶよに柔らかくなったら、小さな穴をあけて液状になった中身を取り出すんですよね。

これを教えてくれた母方の祖母のこと、思い出すなぁ。



 

 

考案者の大原まゆみ先生、

いつも感謝しながら切らせてもらっています^^

 

大原まゆみ 切り紙の商品一覧 通販 - Yahoo!ショッピング

 

↑↑まゆみ先生の著作群。アイデアの宝庫です。