糸巻文庫

古代人の声をカタチにして、あなたに届けます

サドー!

雨の金曜日です。

書道の師範試験、締め切りギリギリになっても思うような作品を書けず

久しぶりに朝の4時まで格闘…

 

なんとか提出して帰ってきましたが、

先はまだ長いナァと

未熟さをかみしめておる糸巻です。

f:id:beizan:20200703144554j:image

 

結果はどうあれ、提出を終えて一区切り。

明日からまた気持ち切り替えて、

次の作品に向かいます♡

 

 

f:id:beizan:20200703135619j:image

※おすわり画像をお借りしています。

 

今朝、幼稚園バスが来るのを次男と一緒に待っていたときのこと。

バス停となってるお宅に、大きな黒い犬がいます。

いつものんびりゆっくりとしたしぐさで眠そうにしているのですが、なぜか今日はピシッとしたカッコイイ座り姿でキメていたので驚いてしまいました。

 

「今日はおすわりしてるね、どしたんやろねー」

と私。次男の返しが、、

 

「ふふっ、茶道。」

 

茶道か〜!ほんと、そんな感じ。

幼稚園で茶道のお稽古が時々あるのですが

きっと次男も、今日のワンちゃんみたいな凛とした雰囲気を感じながら正座の時間を味わってるんだなぁと、微笑ましくて。

 

茶道、と名付けられたワンちゃんの座り姿が可愛らしくてしかたありませんでした。

私は心の中で「スフィンクスやなぁ」と思いながら見ていました。

 

半徹夜でもうろうとするなか、

犬と次男の大喜利にほのぼのとさせられ…

一日ぶんの活力をもらった気分でした。

 

黒いワンちゃん、ラブラドールかなぁ、カッコイイなー。

最近、見ているだけで犬や猫のスピリットがじわりと伝わってきて、神秘的な美しさを感じるようになってきました。

犬も猫も、なぜか「スフィンクス」に思えてしまう(笑)

エジプトフィルターで動物を見る時期なようです。

 

f:id:beizan:20200703151131j:image

 

次男の虫コレクションにも率先して協力(笑)

「スカラベだねー♬」(実際違うのだが)とつぶやきながらジップロックにせっせと保存していく自分が笑えます。