糸巻文庫

古代人の声をカタチにして、あなたに届けます

妙音鳥

f:id:beizan:20200522204211j:image

ぬーん

 

名前のわからぬお方、現る‼︎

 

黄色、赤、金、それぞれが

子どもの工作などで切り落とされた、小さなカケラ。

 

ごみなのに長いあいだ捨てられなくて

なんとなく黄色いU字を

白い紙に貼り、顔を描いてみた。

…エジプトの姫感。かわいい。

 

アタマの上に金色を3つ貼ってみた。

…天照大御神⁇

 

羽のカタチの赤い紙を貼ってみた。

…うーん、謎。サンバ踊る人??

 

とりあえず背景を埋めていこうと思い、

文様事典をひらいた。

f:id:beizan:20200522210752j:image

 

めくっていくと【迦陵頻伽】かりょうびんが

という、空想上の鳥の絵が載っていた。

f:id:beizan:20200522210914j:image

 

えっ、、似てるー

天女の顔+鳥の羽!

 

事典によると、迦陵頻伽とは

 

仏教の想像上の鳥で、頭部は美女で人の手を持ち、身体と足は鳥である。

極楽に棲むというこの鳥は「若空無我常楽我浄」の意を伝える妙音を発するので妙音鳥・好声鳥などともいう。

歌や踊りが巧みなので舞楽の祖とされる。

 

らしい。

意味もかわいらしい。

 

f:id:beizan:20200522211416j:image

さっそく↑この葉っぱの模様を模写させてもらった。

 

 

f:id:beizan:20200522211450j:image

笑‼︎‼︎

 

この鳥は楽器を奏でる形でよく描かれるとのことなので、首から貝殻の笛をぶら下げてみました。

 

実はですね…この顔、なぜかうちの母にそっくりなんですよ…

そんなわけで、こんなのできたよーって写真をLINEしましたら、

 

「今日は2回も拝まされたワ」と

こんな写真を送ってくれました。

f:id:beizan:20200522212049j:image

絵画サークルのご友人が、皆さんへ、と心を込めて描かれ送ってくださった作品らしいのです。

 

後光の輪

背景の葉っぱ

首飾り

 

私のコラージュと似てない??と。

ばぁば、今日、護られてるね、って話になりました(笑)

 

アマテラスちゃん?カリョウビンガちゃん?アマビエちゃん?よくわからないけど、可愛い子が現れてくれて楽しい一日になりました。

 

夫は「クララ?」

長男は「マツコデラックス。」

 

との感想でした。