糸巻文庫

古代人の声をカタチにして、あなたに届けます

筒になる

今朝、目覚めの瞬間に浮かんだ言葉は

 

【筒になろう。】

 

f:id:beizan:20200512133804j:image

 

 

先日、TVで観た

「アイアンロード」。

f:id:beizan:20200512134147j:image
f:id:beizan:20200512134137j:image
f:id:beizan:20200512134142j:image

 

ここで、弥生時代の装身具が出てきた。

f:id:beizan:20200512134319j:image
f:id:beizan:20200512134324j:image
f:id:beizan:20200512134315j:image

 

 

「管玉」という、石のビーズが作られていたということ。

f:id:beizan:20200512134442j:image

f:id:beizan:20200512134438j:image

明快なデザイン!可愛い!

 

 

番組を見たのちに出会ったことば

 

【五百津之美須麻丸之珠】

いおつのみすまるのたま

 

調べると、この【管玉】つまり【たくさんのビーズ】を示す言葉のようだった。

 

f:id:beizan:20200512135108j:image

 

筒になる、とは

 

私が筒になるということ、

 

地表に立ち、頭からつま先まで光を通す、

ただそれだけのために生きていればよい、

 

そのほかのことは軽めに軽めに、生きることのおまけ程度に考えて、、

 

筒になって清々しくいたいな、ということを

目覚めの一瞬で思いました。

 

睡眠からの目覚め、のように、無意識の世界からフッと意識が戻るとき、「心の声」が漏れやすくなる瞬間ですよね…

 

これをつかまえてじっくり聴いてみると、わりと自分のほんとに必要なことがわかって面白いです。

 

ヒトの身体も、管のカタチしてますもんね。

シンプルに生きたいものです♡