糸巻文庫

古代人の声をカタチにして、あなたに届けます

確かなあゆみ

f:id:beizan:20200420004329j:image

地方はまだまだ…と

油断していましたが、全国に拡大されましたね、

緊急事態宣言。

 

マスコミ報道とは程よく距離を保っているつもりでしたが、久しぶりにじっくりとネットニュースの記事に触れると波長が乱されてザワザワしたり。

 

先の見えない子どもたちの自宅待機。

気を揉んでいるのは私一人で、本人たちは毎日リラックスしすぎってくらい羽を伸ばしている。

そんな彼らに緊急事態宣言のシリアスさを声高に諭そうとする自分がちょっと嫌だったり。

 

(なんでおかーさんに言わずに、2人だけでお外を走ってきたの?マスクもつけずに⁈他の人が見たらどう感じると思う?)←って言ってるはじから、ひとにどう思われるか気にしなさい、って言い方カッコ悪い、、って思っちゃってる。そしてため息。

 

そんな中でも、私個人の内側にある「ワクワク部門」の成長率が凄くてですね…

 

「おかーさん部門」の業績がいくら低迷しようとビクともしない、優良企業まっしぐら状態です。

 

今日、ついに「マイ•キャッチコピー」

産まれました♡

 

あえて「産む」という言葉を使わせてください。

ここまでが長かったもので…

 

f:id:beizan:20200419235531j:image

↑こちらはInstagramで知ったお店

「ホウキボシ商會」さん。

「古いモノに癒されましょう。」

ってコピーが付いてます。

 

店主さんが、ご自分の存在を自ら言い当てた瞬間の言葉。

なんて気持ちいい〜‼︎

 

実はここ1週間ほどで、

どんな文字を書いて

どんなものを作っていきたいか、

ということが急速に整理されて

後は早くカタチにしてくれとばかりに

それぞれの文字や動物や星たちに急かされているような、そんな境地になってきています。

 

(動物?星??と驚かず軽く読み流していただければ…笑)

 

それらのリストを眺めていたら、

 

【古代人の声】

 

という言葉が浮かんできました。

 

【古代人の声をカタチにして、あなたに届けます】

 

良いなぁ。良いっ‼︎

自画自賛です。

うっとりしています。

 

なぜ、どうしても書道をしたかったのか

原点に立ち返りました。

 

【甲骨文字、象形文字を書きたかったから】

 

古代の人々に想いを馳せて自分を重ねる、

そんな動作に昔から魅力を感じてきました。

 

重量上げでもハンマー投げでも弓道でも

それは同じことかもしれません。

私は書道を通じて、古代の人々とのつながりを

感じ、意識してその豊かな感覚を日常に取り込もうとしてきたように思います。

 

2020年に入り、たくさんのサポートのおかげで、古代つながりの美しいものが持つ力の大きさを、ますます確信する日々が続いています。

 

f:id:beizan:20200420002021j:image

魚、鳥、蝶。

f:id:beizan:20200420002350j:image

花、鉱物、貝。

みんながパタパタしながら待っているのを感じます。

f:id:beizan:20200420002525j:image

ヒエログリフ、カタカムナ、ホツマツタヱ。

古代文字たちが出口を求めて渋滞しています。

 

一つ一つ、じっくり遊んでいきたいと思ってます。

どこにつながる道なのか全くわかりませんが、

【たぶんいけるはず(笑)】を合言葉に

まっすぐに進んでみるつもりです。