糸巻文庫

古代人の声をカタチにして、あなたに届けます

ひなどりとバラ

雨が上がって春が戻りました。

次男、さっそく遺跡の原っぱでちょうちょ取り。

f:id:beizan:20200414175410j:image

少しだけ触らせてもらって、すぐ逃がします。

モンシロチョウさん、今日も遊んでくれてありがとう。
f:id:beizan:20200414175402j:image

その帰り道、「あっ!とりがおる!」と

私が気づかず通り過ぎた足元に

小さな鳥の形をしたものを指さす次男…。

まだ息をしているのでは?と思うほど

つややかな塊でしたが、動かなくなっていました。

 

ここ数日の冷たい雨が関係したのかもしれません。

 

次男、、今年に入り地面の鳥を見つけたの2羽目です。

前回は公園内だったので、園内の木の下に埋めました。

今日は、ご近所のお家の真裏で見つけたため、そこで埋葬するのがためらわれ、

自宅の庭に連れていくことにしました。

 

ピンク・アイスバーグ、というバラを1本地植えしているのですが、その根本近くに埋めました。

 

そのひなには、まだ羽ははえておらず

つるつるとして、肌も全く汚れても乾いてもない、

生々しい肌色のかたまりでした。

 

巣から落ちた、のではなく

孵化する手前で卵から出てきてしまったように思えました。

 

(後で調べると…

▶︎たぶんスズメの子

▶︎孵化した直後くらいの状態?だったとも考えられる

ことがわかりました。)

 

不思議と手を貸すことに抵抗はありませんでした。

バラが寄り添うように咲いてくれることを祈りました。

 

部屋に戻ると、昨日書いた作品の残り和紙に

目が止まりました。

墨を落とすために筆を押し付けた跡です。

f:id:beizan:20200414181009j:image

枝に止まりこっちを見ています。

f:id:beizan:20200414181137j:image

横に向けたら飛び立ちました(笑)

 

こんなタイミングで見つけてしまったもので

反故にできなくなってしまいました。

 

🌹大丈夫だよ、

🌹あなたのスピリットは私ががっつり受け継いで

🌹輝かせるからね。

 

f:id:beizan:20200414181518j:image

 

このひなどりと少しリンクすることを

昨晩だったか、今朝だったか、考えていました。

 

勾玉のことです。

 

f:id:beizan:20200414181821j:image

 

三種の神器の一つ、勾玉。

これって人間の胎児の形を模しているのではないかな?

ふと思ったのでした。

 

(この記事を書こうとしてググったら、やはり胎児説はあるようです。あっさり判明。)

 

なぜ勾玉が頭の中に出てきたのかは、

…謎です(@_@)

 

時々、文字や映像がパッと浮かんできます。

先日も、突然「育」という字が浮かんで

「育かぁ。そうよね、今の状況、まさに育だよなぁ。」などと妙に共感憶えていたら、

 

数時間後に書道の先生から封書が届き、

その中にこれが入っていてビックリしました↓

f:id:beizan:20200414182809j:image

予告映像、、出てくるようになってる?と。

 

さらにこの文字がいくつかの事象に繋がっていくこととなります。

 

その話はまた改めて。