糸巻文庫

古代人の声をカタチにして、あなたに届けます

⑩【完結】2020年を始めよう◀︎フェイバリット・クリエイターズ2019

f:id:beizan:20200221175935j:image

2020年1月

YAIRO cosmic readingからパスワードの絵が

届きました。

ゆねかさん、初めて「扇型」のビジョンを受け取られたそうです。

私の好きな古典芸術とも関わりの深い、扇。

f:id:beizan:20200221180254j:image

そして、金色の糸を使って

地球に降り立とうとする魂の光を

一針一針刻んでくれていました。

 

このあたりから

言葉が追いつかなくなってきます。

言葉ですくい取れるもののソト

 

外の世界にぽこんと出てしまったようです。

 

しばらくのあいだ、

この絵を一日中、日の光が当たるところへ移動させて糸のきらめきを眺めていました。

 

2月4日

立春の日に、窓のそばに掛けました。

f:id:beizan:20200221181438j:image

横に添えた小さな額にも

初めて中身を入れました。

f:id:beizan:20200221190642j:image

偶然ですが、手元にあった糸巻きの形のワッペンは

ミナ・ペルホネンのものです。

f:id:beizan:20200221182604j:image

1年前、やむをえず電話で連絡を取り合うことになってしまった、ゆねかさんと私。

あの一瞬の音のつながりがなければ、

思い切ってリーディングをお願いする勇気は出ませんでした。

 

何もかもがつながりあって、この瞬間がある。

分けるのを、考えるのを

今日の私は、もうやめています。

 

 

 

 

 

 

 

【フェイバリット・クリエイターズ2019 完】